掃除機・家電



寝室の照明にオシャレなスマート電球【hue】が大活躍!

スマート電球「Philips Hue」とは?

「Philips hue」は自動音声認識AIアシスタントを持っているデバイスで操作ができる照明。

操作対応デバイス
iphone(Siri)
Android(Googleアシスタント)
Amazon Echo(Alexa)
タブレット端末

これらのデバイスを操作する(声をかける)ことで、照明のON/OFFができるようになるのが「スマート電球」です。ひとつのスマートフォンから複数の照明をまとめて操作することもできるので、今までの照明とはまったく違う操作性があります。

消し忘れや不在時の防犯として外出先からもON/OFF操作ができ、アプリを使うと帰り道で”この場所に来たら”電気を付けるなど、細やかな設定もできます。

もちろん、目覚まし代わりに朝の決まった時間に電気をつけるなどもできるので、寝室にもおすすめです。

そこで今回は、いろいろな便利機能を持っているスマート電球「フィリップス・ヒュー」を詳しく紹介します。

電球だけ変えても操作はできない

スマート電球に変えるだけではワイヤレス操作はできません。

専用の「ブリッジ」というものが必要になります。ブリッジは、Wi-Fiネットワークを通じて、スマート電球とiPhone/Android/タブレット端末を繋いでくれます。このブリッジが繋がることで明るさや色をワイヤレスで操作できようになります。

Philips Hue ブリッジ

このブリッジをiPhone siri/Amazon Echoと使用することで、音声での照明のオンオフや、明るさの調整を行うことができます。1ブリッジあたり合計50個のランプを登録できるので、ひとつあれば十分ですね。

ブリッジは、iOS 8.0以上、Android 2,3以上を搭載したデバイスに対応。電球以外にもライトリボンやGo(ランプ)などが制御可能です。保証期間は2年。

Amazonで見る

楽天市場で見る

用途に応じたスイッチ&コントローラー

Hueには、スマートフォンを手元に置かなくても様々なシーンで活躍するスイッチとコントローラーがあります。

Philips Hue Dimmer スイッチ

Dimmerスイッチは、ワイヤレスで日常のシーンに活躍してくれるスイッチ。4つの初期プリセットがあり「集中する」「やる気を出す」「くつろぐ」「本を読む」など使う場面に合わせた暖色系と昼白系の調光ができます。もちろん、お好みでシーンの変更も可能。

BY amazon.co.jp

スイッチがあると通常の壁スイッチとしても使えるのが便利。これまでのような配線工事の必要もなく、好きなところに粘着テープ、ネジ、マグネットで取り付けられるのが嬉しいですね。スイッチは分離もできてリモコンとして使えるなど利便性がとても高いです。*使用の際は「Hue ブリッジ」が必要です。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue タップスイッチ

Hueタップスイッチも、シーンに合わせた4種類プリセットを選んだり、自作シーンを設定したりすることができます。また全部の照明をボタンひとつで消す設定もできます。

驚いたのは、ボタンを押した力がエネルギーになる「キネティック駆動」になっていて、スイッチには電池が入っていないこと。電池交換の必要がないのは新鮮です!

*使用の際は「Hue ブリッジ」が必要です。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue モーションセンサー

Hueモーションセンサーは、動きを感知して自動的に照明をON/OFFすることができます。点灯継続や一定時間での消灯ができ、最短で1分、最長で1時間まで消灯設定が可能です。また昼の時間帯(7:00~17:00)夜の時間帯(17:00~6:00)など細かい設定ができますし、「昼は昼白色、夜は暖色」など発色を使い分けることもできます。

センサーは、ベッドテーブルに置いたり、付属のネジを使って天井にも取り付けられるので、発想の自由度も高くなっていますね。

例えば、深夜に寝室からトイレに行く時でも、かすかな光での調整ができるので、家族の睡眠を邪魔しないのもポイントですし、自動的に消灯してくれるので節電にもつながります。

使ってみると本当に便利なので、寝室や廊下などに使ってほしいアイテムですよ。生活の中で”動きだけで電気が点灯してくれたら嬉しい”と思う場所に設置してみてください。

*使用の際は「Hue ブリッジ」が必要です。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue 電球とランプの種類

現在、Hueのスマート電球は、シングル、ランプ、リボンの3種類があります。シングルの口金サイズは一般的な「E26」のみ。

Philips Hue v3 (シングル)

 

「Hue V3」は1600万色の発色が可能なスマート電球。シーンに合わせた色に変えられるLEDマルチカラータイプです。

使用の際は「Hue ブリッジ」が必要です。
調光機能は「Philips Hue」対応デバイス(iphone.androidなど)の接続時のみ。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue ホワイトグラデーション(シングル)

「Hue ホワイトグラデーション」は、温白色光~白色光のシンプルな発色ができるLEDスマート電球。1600万色のマルチカラーに変えられる「Hue V3」よりもお手頃な価格が魅力。

使用の際は「Hue ブリッジ」が必要です。
調光機能は「Philips Hue」対応デバイス(iphone.androidなど)の接続時のみ。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue Go

「Philips Hue Go」は、バッテリーを搭載したポータブルランプ。1600万色のLEDマルチカラー発色で、1.5時間のフル充電で最大3時間まで使用可能、寝室の間接照明やベランダ。キャンプなどのアウトドアシーンでも使えるのが特徴。スマートフォンからの遠隔操作だけでなく、本体で色を変えたりできるボタンがあるので、電球とは違った自由さがあります。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue ライトリボン プラス

 

「hue ライトリボン プラス」は、長さ2m×幅1.5cmのテープ状の間接照明。 1600万色のマルチカラー発色で裏面が両面テープになっています。そのため好きな場所に接着ができる照明です。また長さを短くしたい場合も、33cm単位なら切っても大丈夫なのでテープのように使えます。

ベッドや家具の足元などピンポイントに貼れる。

アプリがあれば、テレビの映像を部屋全体に広げたり、好きな音楽と照明をシンクロさせることもできるので、イルミネーションのようにも使える新感覚の間接照明。また別売の「Philips hue ライトリボン プラス エクステンション」を接続すれば最大10mまで延長ができます。

Amazonで見る

楽天市場で見る

単体購入より安いスターターセット(ブリッジ付属)

もしスマート電球を3か所以上で使えるなら単体で購入するよりも、ブリッジが付属しているスターターセットから始めるのが一番お得になります。

Philips Hue スターターセット v3

 

マルチカラー「Hue V3」シングル電球3つとブリッジが付属しているスターターセット。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Philips Hue ホワイトグラデーション スターターセット

3つの「Hue ホワイトグラデーション」のシングル電球と「ブリッジ」「Dimmerスイッチ」が付属するスターターセット。

Amazonで見る

楽天市場で見る

まとめ スマート電球「Philips Hue」

スマート電球いかがでしたか?寝室以外でも大活躍してくれそうなアイテムですよね。

はじめは目覚まし代わりに、起こしてくれる照明くらいに考えていましたが、モーションセンサーを付けると利便性はぐんっと上がり、スイッチがいらない照明システムが作れたことには感動があります。

みなさんもスマート電球を使った自分だけの照明システムを作ってみては?

おすすめデバイス「Amazon Echo」

「Philips Hue」を扱うのに便利な音声認識AIアシスタント「Amazon Echo/アレクサ」ですが、人気のため入手するのが難しくなっています。

Amazonでは、現在も招待された方のみご購入可能となっています。

Amazonで見る

 

ピックアップ記事

  1. 人が生涯で寝る時間は26年
  2. 聴き放題の音楽で不眠対策!自律神経を整える【Amazonプライム】
  3. 【肌触り最高!】通販で人気のシルク製パジャマ【レディース】
  4. 年齢別の理想的な睡眠時間って?
  5. 疲れ目や眼精疲労に!おすすめのアイマスク/職場や移動中も使える

関連記事

  1. 掃除機・家電

    カーテンを自動で開閉して起こす!めざましカーテン【ロビット】

    みなさんはカーテンをどうやって開けていますか?自動式カーテンな…

  2. 掃除機・家電

    最新おすすめ布団クリーナー【2018】いつも寝具を清潔にする

    間違ったクリーナー選びに注意!近年、布団クリーナーは注目度や性能が高ま…

  3. 掃除機・家電

    赤ちゃんにも優しい!寝室用に使える【格安オイルヒーター】

    人気のある格安オイルヒーターを紹介!オイルヒーターは、エアコンやフ…

  4. 掃除機・家電

    寝室におすすめの加湿器【2018人気のあるメーカーはどこ?】

    加湿器のタイプと選ぶときのポイント加湿器のタイプは、「スチーム方式…

  5. 掃除機・家電

    静かな首振り扇風機|選ぶなら静音設計モデルがおすすめ!

    最新の扇風機を紹介!夏を乗り切る扇風機桜の開花が平年よりも早か…

  6. 悩み解決アイテム

    腰ハリ・腰痛の解消に!腰用湯たんぽ「ZEHI」

    腰痛に悩むのは2800万人腰痛に悩む人は、日本国内だけで2800万…

ピックアップ

  1. 睡眠の雑学

    マットレスの寿命はどれくらい?
  2. 睡眠の雑学

    寝顔ブサイクな女子でも寝顔を可愛くする方法!
  3. 掃除機・家電

    アマゾンが安い!人気のアロマディフューザー【加湿器にも使える】
  4. 掃除機・家電

    布団を暖めるオススメ家電は?【寒い冬を快適に過ごす】
  5. 寝る顔文字

    かわいい!寝る顔文字( ˘ω˘ ) スヤァ…【まとめ】
PAGE TOP