掃除機・家電



寝室におすすめの加湿器【2018人気のあるメーカーはどこ?】

加湿器のタイプと選ぶときのポイント

加湿器のタイプは、「スチーム方式」「気化方式」「ハイブリッド方式」「超音波方式」の加湿方法が異なる4種類に分かれます。それぞれの方式には、「利便性」「電気代」「安全性」など「メリットとデメリット」となる特徴があるので、使いたい環境にあわせて選ぶ必要があります。

①スチーム方式
水を沸騰させ、霧状(ミスト)にして加湿するのが、スチーム方式。やかんやポッドで水を沸騰させると蒸気がでるのと同じ方法です。室温も暖かくなるほど加湿性が高く、蒸気によって細菌を死滅させます。デメリットは、水を沸騰させる必要があり、電気代がかかってしまいます。また間違えて蒸気に触ってしまうと火傷の危険もあり、大人向けです。

②気化方式
気化方式は、フィルターに含まれる水分を気化して加湿するので、目には見えないタイプです。洗濯ものを干していると水が気化するのと同じ原理になります。安全性が高く、電気代が非常に安いのがメリット。反面、加湿性は高くないので、長時間湿度を保つ安定性に欠けます。フィルターの手入れも必要なので、時々しか使わないという環境向き。

③ハイブリッド方式
ハイブリッド方式は、スチーム方式と気化方式の特徴を持っており、それぞれのメリットを増やした高機能のものが多く、スチーム方式と気化方式を状況に合わせて使うことができます。デメリットは、その機能性から価格も電気代も高くなります。また気化方式フィルターの手入れも必要です。とにかく高性能の加湿器を求めるなら、ハイブリッドタイプを選ぶ人が多いです。

④超音波方式
超音波方式は、超音波によって細かくした水を飛ばして加湿する方法です。霧吹きを使うことと同じなので、安全性が高いです。電気代、価格ともに安くなっています。小型でデザイン性の高いものが多く、いま一番人気のあるのが超音波方式です。デメリットは、他のタイプより水中の雑菌が繁殖しやすいので、最低でも1週間1度お手入れをする必要があります。

購入する際は、この4タイプの中から選ぶのですが、寝室に使うなら「運転音」が静かなものを選ばないと、音が気になって寝れないということにもなります。今回は「音」を重視し、40デシベル以下の「おすすめの加湿器」を紹介していきます!

 

寝室で使う!おすすめの加湿器

 

Vacplus 超音波式加湿器

超多機能の加湿器「Vacplus」は、超音波式の加湿器で、加湿機能のほかにも、香りでリラックスできるアロマディフューザー、寝室でも役立つ照明機能などがあり、幅広く活躍してくれる加湿器です。

運転音も35デシベル以下に抑えられていて、睡眠の邪魔にはなりません。空焚き防止機能もあり、安全性も高く、長時間の使用も安心です。一般的なマンションなどの寝室サイズで使えます。購入から1年保証あり。

Amazonで見る

Tenswall 超音波式加湿器

「Tenswall」超音波式の加湿器。デザイン性が高く、おしゃれな加湿器で、どんな部屋にも馴染む木目調になっています。運転音は10~15db。運転タイマー付きで1H、3H、6Hから運転モードを選択できます。

また連続ミストモードと断続ミストモードが搭載されており、好みに合わせて設定ができるようになっています。加湿以外にもアロマディフューザーや照明として使えるのは嬉しいポイント。子供やお年寄りのいる家庭でも安心して使える加湿器です。

Amazonで見る

運転音の参考表(デシベル)

60dB 普通の会話
50db 静かな事務所
40~45db 図書館内
30~35db 病室内
20db 雪の降る音
10db 呼吸音

 

広めの寝室にも使える加湿器

TaoTronics 超音波式加湿器

大容量2リットルで24時間の加湿ができる「TaoTronics」の超音波加湿器。容量2Lサイズにしては、とてもコンパクトです。360度回転ノズルで均等な加湿ができて、水の補充もしやすく家庭での利便性が高いものになっています。

機能面も、ワンタッチコントロールやスリープモード、空焚き防止機能など豊富に揃え、静音性&安全性もユーザーから高く評価されています。価格3,000円程で最大12畳までカバーする加湿器として存在感が光ります。

Amazonで見る

三菱重工 スチームファン式加湿器

お手入れが簡単なスチームファン式の加湿器。三菱重工の「roomist」は、スイッチONから約1分で蒸気を吹出。加湿の立ち上がりがとてもスピーディで、すぐに寝室がしっとりします。

湿度センサーが現在湿度を1%単位で表示して、設定湿度も5%単位でユーザーが設定可能。蒸気の吹出し温度は、55℃以下に抑えられ安全面にも配慮されている設計です。運転音はモード別で「37~24db」と静音性にも優れています。

Amazonで見る

楽天市場で見る

シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター

加湿空気清浄機の王様「SHARP」高濃度プラズマクラスター7000搭載。前機種よりホコリセンサーの感度がアップし、花粉などの大きな粒子に加え、より微小な粒子「PM2.5」をも感知して集塵します。

こんなに高機能の空気清浄をしつつ、加湿機能があるのはシャープ製品だけかもしれません。運転音は、空気清浄+加湿の静音モードで21db。加湿対応範囲は17畳まで。価格は2万円程ですが、他社メーカーより一歩先にいる印象です。

Amazonで見る

楽天市場で見る

 

加湿器の置き場所&使い方
加湿器には置いてはいけない場所があります。まず換気扇・出入り口付近は、せっかくの加湿された空気が逃げてしまいますし、窓のそばに加湿器を置くと結露の原因にもなってしまうので、気をつけましょう。またエアコンの風が当たると温度センサーのある加湿器が正しく機能しなくなるので、エアコンの風が当たらないように、くれぐれも置き場所に注意しましょう。

加湿器は、埃やウィルスが空気中に浮遊しづらくし、また静電気の抑制や乾燥肌を改善する効果まであります。ただその最大効果が発揮されるのは、室内湿度が50%~60%の範囲と決まっています。湿度管理も正しい加湿器の使い方になるので、購入して終わりにならないようにしたいですね。

まとめ
紹介した以外にも、象印やパナソニックなど大手メーカーの加湿器もありますが、デザイン性が、あまり良くないので今回は外しています。ただ大手メーカーは機能的に優れている製品もあるので、そちらもおすすめです。

 

ピックアップ記事

  1. 【シンプル】機能的で便利なベッドテーブル【介護にも使える】
  2. ベッドサイズの大きさ一覧【失敗するベッドサイズの選び方】
  3. 年齢別の理想的な睡眠時間って?
  4. 寝れない人が眠れるようになる話題の睡眠サプリと安眠アイテム
  5. レトロでおしゃれな目覚まし時計!【こんな時計ならほしくなる】

関連記事

  1. 掃除機・家電

    最新おすすめ布団クリーナー【2018】いつも寝具を清潔にする

    間違ったクリーナー選びに注意!近年、布団クリーナーは注目度や性能が高ま…

  2. 悩み解決アイテム

    寝ながら目を温める家電!人気のおすすめ【ホットアイマスク】

    ホットアイマスクの効果とは?ホットアイマスクは、ヒーターによる温熱…

  3. 掃除機・家電

    1人暮らし・寝室用にオススメの静かな冷蔵庫【1ドアタイプ】

    1人暮らしや寝室に便利!静かな1ドア冷蔵庫夜中に目が覚めて、飲み物…

  4. 掃除機・家電

    静かな首振り扇風機|選ぶなら静音設計モデルがおすすめ!

    最新の扇風機を紹介!夏を乗り切る扇風機桜の開花が平年よりも早か…

  5. 掃除機・家電

    寝室の照明にオシャレなスマート電球【hue】が大活躍!

    スマート電球「Philips Hue」とは?「Philips hu…

  6. 掃除機・家電

    赤ちゃんにも優しい!寝室用に使える【格安オイルヒーター】

    人気のある格安オイルヒーターを紹介!オイルヒーターは、エアコンやフ…

ピックアップ

  1. 睡眠の雑学

    寝顔ブサイクな女子でも寝顔を可愛くする方法!
  2. 寝る顔文字

    かわいい!寝る顔文字( ˘ω˘ ) スヤァ…【まとめ】
  3. 掃除機・家電

    アマゾンが安い!人気のアロマディフューザー【加湿器にも使える】
  4. 掃除機・家電

    布団を暖めるオススメ家電は?【寒い冬を快適に過ごす】
  5. 睡眠の雑学

    マットレスの寿命はどれくらい?
PAGE TOP